法律がわからなくてもサポートしてくれる職業とは

弁護士の存在

代理人である弁護士をたてる方法

精神的苦痛による損害賠償は、法律上、慰謝料という名目で金銭が支払われます。夫婦間での不倫や、相手に苦痛を与えら得た時に請求します。 慰謝料の請求は自分でもできますが、正式に形に残したい場合、主に、弁護士に頼みます。弁護士を代理人として立て、請求するもの、されるものとして話し合いを進めていきます。弁護士に依頼をする方法として、ホームページや広告から、電話やメールで問い合わせを行います。そして、その後面談が行われ、訴訟費用や弁護士費用などの明確な説明を受けます。納得し、希望があれば、契約という形になります。もちろん無料、有料問わず相談だけも受けている事務所もありますので、自分の相談事にあった事務所を選び、相談してみましょう。

弁護士を利用する理由

不倫の償いは、慰謝料による金銭的償いが行われます。弁護士を代理人とし、不倫による慰謝料の請求を行う人には様々な理由があります。慰謝料を請求したいが、不倫相手と直接話したくない、過去の不倫を発見し慰謝料の請求の仕方がわからない、不倫相手は絶対に払わないと言っていて話にならない、などいろいろです。そもそも慰謝料請求に関して、何をすればいいかわからなかったり、いくら請求できるかもわからない人も少なくありません。不倫は絶対に許されないことです。だからこそ、許せないなら自分自身が少しでも納得できるよう不倫相手に慰謝料を請求するために、弁護士に相談をすることが必要となってきます。第三者として、少しでも納得の行く解決へ導いてくれるはずです。

PICK UP

不倫による慰謝料の額

不倫関係を見つけてしい、慰謝料を請求するケースは思っている以上に多く存在します。当事者が合意さえすれば特に法的に争うことはないですが、合意できず法的闘いが必要になれば裁判所で慰謝料の額を決める必要があります。

相続放棄とは一体

相続放棄とは相続を放棄することで、多くが亡くなった時に行なわれます。故人が住んでいた地域の家庭裁判所で行なわれ、相続人によって行なわれます。必要な書類とともに収入印紙を揃えて提出します。

Featured Article

遺産相続とは

遺産相続とはその名の通り故人の遺産を法的に相続することを指し、円滑に行うには関係者の気持ちを考えながらお互いに進めていく必要があります。もしトラブルが起きてしまうと、基本的に弁護士などが介入する必要があります。