法律がわからなくてもサポートしてくれる職業とは

不倫による慰謝料の額

慰謝料額の傾向はどのようなものか

夫婦のいずれか一方が他人と不倫関係を持った場合には,夫婦の他方の側は,不倫関係を持った自分の配偶者と,不倫相手の二人に対して,自己が有している夫婦生活を平穏に送る権利や利益が侵害されたことを理由に,慰謝料の請求をすることができます。 この慰謝料の金額は,当事者が合意をすればその額となりますし,不倫相手が財産家であるような場合は,高額の支払約束がされることもありますが,合意ができずに裁判所に紛争が持ち込まれた場合には,婚姻期間の長さなども考慮して慰謝料額が決められることになります。したがって,個別的な事情によってその金額は相当に異なりますが,平均的なケースでは,100万円から200万円程度が多いということができます。

不倫を理由とする法的紛争はなぜ増加してきたのか

不倫を理由として慰謝料請求をするという紛争は,最近は非常に多くなっていますが,これは時代背景の変化が反映されているように思われます。 その理由の大きなものは,女性の社会進出が進んできたことであるといえましょう。すなわち,女性が結婚後も家庭に閉じこもらず社会で働いていることから,その中で他の男性と知り合う機会が多くなり,その結果,不倫関係が生じることもあるということです。また,不倫の被害者においては,婚姻相手に対して貞操義務を求める権利意識が明確になってきたことから,いわゆる泣き寝入りをせず,相手に償いを求めるようになってきているといえましょう。 このように見ると,不倫を理由とする紛争が多く裁判所に持ち込まれるようになったという最近の傾向は,それ自体は望ましいと考えられる社会の変化に伴ったものであるということができるように思われます。