法律がわからなくてもサポートしてくれる職業とは

相続放棄とは一体

相続放棄をする際に必要なことは?

相続放棄は、相続人に選ばれてから3か月以内に手続きをする必要があります。 まず、どこで手続きをするかですが、亡くなった方が住んでいた地域の家庭裁判所で行います。手続きは、原則として相続人本人がします。必要なものは、相続放棄申述書と被相続人の住民票の除票、戸籍謄本、状況によっては別途書類が必要な場合もあります。そして、指定額の収入印紙と連絡用の郵便切手を揃えて提出します。これにより、家庭裁判所で認められれば、相続放棄をすることができます。 また、相続放棄はしたけれど受理される前に気が変わった場合は、取り下げることも可能です。しかし、いったん受理されると、新たな財産が出てきたとしても、取り消しや撤回はできないので気を付けてください。

負の財産を拒否できる相続放棄について説明します

相続放棄とは、民法の929条に定められている通りに、被相続人の相続が開始された事を知ってから、3か月以内に家庭裁判所に申し立てる事によって、被相続人の遺産を全て承継する事を拒否できる権利の事を言います。 相続放棄をする事によって、被相続人が生前にした借金や税金などの承継を免れる事ができます。 相続放棄の時効の起算点は、被相続人の相続が開始された事を知った日からであり、被相続人が亡くなった日ではない事に注意をしないといけないです。 相続人が未成年者や成年被後見人である場合には、相続放棄は、その親権者や後見人などの法定代理人が、被相続人の相続が開始された事を知った時から3か月以内になります。 相続人が胎児の場合には、その胎児を出産してから、法定代理人が相続の開始を知った時からになります。